七草研究会

七草研究会へのお問い合わせ

春の七草!君は全部言えるかな?

春の七草

七草研究会「横浜七草の里」は
七草パックの発祥地です。

体にやさしい七草

正月にはおせち料理やおもちを食べたり、お酒を飲んだりして、胃腸に負担がかかります。七草には様々な栄養分・薬効が含まれており、1月7日に食べる七草粥はご馳走続きで疲れた体をいたわる理にかなったメニューなのです。

七草 スズナ ホトケノザ ゴギョウ ハコベラ スズシロ セリ ナズナ

セリ

解熱、食欲増進、リウマチ、貧血症などに良いといわれている

解説:
寒気に強い草でセリ科の多年草。日本全国に分布して、野菜として栽培もされています。湿地や湿原など水辺に多く自生しています。

ナズナ

胃腸を整える、目にも良いといわれている
解説:
アブラナ科の2年草で全国に分布。三味線のバチに似ていることから三味線草、ペンペン草とも呼ばれています。空き地や川の土手、道端などに生えています。

ゴギョウ


咳止め、痰を切る、利尿作用などに良いとされている
解説:
キク科の2年草で、ハハコグサとも呼ばれています。秋に目を出し、翌年の早春に田のあぜ道などに黄色い花をつけます。煎じて飲めば、喘息の咳を止め、痰も切り、風邪の予防薬として利用されてきました。

ホトケノザ


アトピー改善に良いとされている
解説:
キク科の2年草で、タビラコともいいます。円座をなして地面にへばりつくように、草むらや田のあぜ道などに自生しています。煎じて飲むとアトピー性皮膚炎によいとされています。

ハコベラ

切り傷、歯槽膿漏、痛み止めに良いといわれている
解説:
ナデシコ科の2年草で、ハコベともいいます。全国に分布しており、茎は蔓状に地をはって広がります。江戸時代にはハコベラをすりつぶして塩を加え歯に塗ると、虫歯の痛みに効くとして流行したそうです。

スズナ

利尿、便秘、鎮静作用などに良いといわれている
解説:
アブラナ科の1年草で、カブのこと。カブの根の部分が鈴がついたように見えることから、この名で呼ばれています。

スズシロ

消化促進、風邪の特効薬といわれている
解説:
アブラナ科の1年草で、ダイコンのこと。七草粥には大きく成長したダイコンではなく、小型のものを使います。風邪の諸症状や、胃のもたれ、胸やけに最適です。