七草研究会

七草研究会へのお問い合わせ

春の七草!君は全部言えるかな?

春の七草

七草研究会「横浜七草の里」は
七草パックの発祥地です。

七草粥の作り方

野草の料理は香りがいのち。七草粥は、いたずらに料理しようとするのではなく、あくまで自然をそのままに生かすのがよいのです。
それでは基本的な炊き方を4人分で説明しましょう。


材料

白米……………2カップ
今回はお米からおかゆを炊きます
七草……………1パック
水………………7カップ
塩………………小さじ1杯
塩(下ゆで用)…ひとつまみ

作り方

下ごしらえ
七草は、流水できれいに洗い、塩ひとつまみを入れた熱湯でさっとゆで、水にとってアク抜きをする。次に水気を絞って、細かくみじん切りにする。

①米を洗ってざるに上げ、30~60分おく。

②土鍋、鉄鍋、鋳物など厚手の鍋に、①の米と分量の水を入れ、ふたをする。強火にかけ、煮立ったらとろ火にし、葉っぱの部分を切った、スズナ(カブ)とススシロ(ダイコン)を鍋に入れます。
さらに30分炊く。この間かきまぜないのがポイント。かきまぜると米のねばりがでて美味しくなくなってしまいます。

③米が十分柔かく炊けたら、七草と塩を加えて、軽く混ぜ合わせる。ふたをして弱火で5~6分炊いて仕上げる。

④茶碗によそい、できあがり。七草粥の食べごろは60~70度くらい。時間をおいたり、温め直すと味わいが落ちます。